That Memer

カジュアルミーマー&ゲーマー

【GW2】Fractalsの手引き

最終更新日:2021/07/16

最近通っているFractalsについて、入り口分~Tier 4以上の現在のトレンドまで、導入部分を中心に解説。

転載を禁止します。以前外部サイトへの無断転載や成りすましのような行為など、迷惑行為がありました。筆者は当ブログ以外での発信は行っておらず、このサイト外の類似投稿は筆者と一切関係ありません。

Fractals of the Mistsとは?

概要

Fractals of the Mists - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

Fractals of the Mists(通称Fractals, FotMなど)はレベル80用のグループ向けダンジョン(最大5人)。ソロでも入場できるが、攻略は困難。このページでは以降FotMという略称を使用する。

f:id:WeebuPrinceSei:20201122110431p:plain

入り口はLion's ArchのFort MarrinerもしくはMistlock Sanctuary(Gem Storeアイテム)に存在する。小さなダンジョンの集合体で、内部にはロビーがあり、プレイヤーはロビーに送られる。ロビーではScale設定が可能な他、FotM関連の商人/Trading Post/Bankなどの施設がある。 

  • レベル80未満のキャラクターは、FotM LFGタブにアクセス不可。
  • 入場にあたってExpansionは必要ないが、Elite Specializationが使えた方が特に高レベルグループ参加においては圧倒的に有利。
  • Scale 20以降はAgonyというFotM限定メカニックが存在する。これに対応するためにAgony Resistance(通称AR)という値があり(Hero Panelで確認できる)、ARを上昇させるためにはAgony InfusionというアイテムをAscended装備に嵌める必要がある(例外的に、制作Backなど一部ExoticにはAR slotが付いている)。

報酬

  • Gold(主にFractal Encryption開封して出るジャンクをNPC売りにしたもの):Tier 4 daily分の箱を開封+開封しきれないものをTP売却して10g~。
  • 素材Fractal Encryptionから出る製作素材など。
  • Mystic Coin:主にChallenge moteでボスを倒した時にランダムで1~3個。
  • Fractal Relic:FotM商人からFotM関連アイテムを購入するために使う。
  • Fractal称号Deroir):取得するために1,000 gold単位の投資が必要かつ、FotMを数百回も周回しなければならない。長期的にChallenge moteのような難易度の高いステージに繰り返し通うならメリットがあるが、報酬目的で時々カジュアルに行う程度なら買わない方が良い。
Fractal Relicで買えるもの

参照:Fractal Vendors
Fractal Relic - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

個人的お勧めアイテム

  • Fractal Potion:報酬目的でTier 4を繰り返す場合、無限Potionはあった方が良い。Potion商人から地道に1つずつ無限Potionを購入し、Infinite Mist Omnipotionを目指す。Relicで購入できるためGoldの出費はない。Fractal内部での移動速度アップや、被ダメージマイナスなどの効果が恒久的に得られる。
  • 20 slot bagBUY-4373から購入。20 slot bag(クラフティングで作成すれば原価10gほど)がRelic+10s~20sという破格で購入できる。装備品を拾った時に特定ランク以上の装備が優先的に入ってしまう、ソート機能が適応されない等、癖のあるバッグではあるが、余程それが気にならなければコスパ最強のBag。
  • Prototype Fractal Capacitor:アップグレードを繰り返すことでAscended backになる。アップグレードを繰り返す過程で外見が変化していく。素材費用がそれなりに掛かり、選べるステータスが少ないのが欠点。以前はコスパの良い背中装備だったが、現在はLiving Storyマップの通貨で全ステータスの選べる背中装備が交換可。それでも現役で使えるBerserkerがあり、何より最終アップグレード形態の外見が美しい。スキンが欲しい人にお勧め。

報酬を効率よく得るループ

報酬的観点でFotMを効率良くプレイする方法は、ごく単純。アチーブメントタブのDaily Fractalsをこなせば良い。ちなみにDailyは15日周期で、同じセットが繰り返し回っている。

参照:フラクタルデイリー表
Fractals of the Mists - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

  • Daily Tier X(ステージ名):略してTx(Tier 4,3,2,1 dailyの略)。日替わりで選ばれたステージを3種類クリアする。Tier 1~4まであるが、これはクリアしたTier以下の報酬箱が全て貰えるので、自分がクリアできる中で1番高いTierを行うとよい。例えば「Daily Swampland」の日は、Tier 4でSwamplandをクリアすればDaily Tier 1~4 Swamplandの箱が全て手に入る。最もLFGで募集の多い定番コースで、埋まるのも早い。
  • Daily Recommend:略してRec(s)。Fractal Research Pageが手に入るのが特徴。ページの入手方法は通常RecsかCMしかない。ページが必要or時間のある時に。
  • Daily CM(Challenge mote):デイリーアチーブメントとしては存在しないが、1日1回以下の報酬が得られる:Unstable Fractal Essence, Fractal Research Page, Integrated Fractal Matrix, Mystic Coin(ランダム), Fractal Relics, Pristine Relic。タイトルやハイエンド報酬獲得のための通貨稼ぎ、最大限のデイリー報酬(慣れたグループで効率よく回さない限り、この意味での価値は薄い)を得たい人が行う。ただし難易度が高く、FotMはやるがCMには殆ど触れないという人も少なくない。

システム

Scale/Tier

FotMにはScale(レベルのような概念)という概念があり、入り口もしくはFotM内部ロビーで変えられる。Scaleは1~100があり、数字が大きくなるほど難易度が上がる。1つのレベルに1つの小さなダンジョンが割り当てられている。Scale 100までに同じダンジョンが複数回登場する、それらは内部構造は同じだが、Scaleが高いほどギミックが厳しくなる、敵が強くなるなどの形で難易度が上がる。

【参照】フラクタルのスケールとステージ対応表
Fractals of the Mists - Guild Wars 2 Wiki (GW2W) 

f:id:WeebuPrinceSei:20201122110520p:plain

Agony Resistance(AR)

Agonyを伴う攻撃はScale 20以上から始まる。この時自分のARがScaleの推奨値に達していないと大きなダメージを受ける。自分のARが推奨値より低ければ低いほどダメージは大きくなる。Scale 100までプレイするには150 ARが必要になる。

【参照】フラクタルのスケールとAR対応表
 Fractals of the Mists - Guild Wars 2 Wiki (GW2W) 

ARは必ず推奨値以上を準備した方がよい。AR不足だと何度も続けて死んでしまい、ボス戦中殆ど死体のまま・・・ということもある。こればかりはタダ乗り上等の人と判断され、キックされても仕方ない。

ARは最大全身18カ所(武器セット両面込みで20スロット)のAgony Infusionスロットに嵌めることができる。Ringはデフォルトで1スロットしかなく、それをアップグレードによって3スロットに増やしていくことになる。Backも同様に1スロットしかなく、こちらもアップグレードによってスロットを増やすが、BackのInfusedコストはRingに比べてかなり大きいので、Ring→Backの順で増やしていく。

Ring/Backが未改造の場合、全身13スロット。この場合全身+11 Agony Infusionでも150に届かず、非常にコスパが悪い。+10以上は非常にコスパが悪く、通常ARを上げる手段としては使われない。+9で150が達成できる程度のSlotは確保したい。Scale 1から地道にPersonalレベルを上げていき、Infused化に必要な材料を揃えるのが王道にしてベスト。因みに全身+9以内で150越えが達成されるのは、17スロット。Backを未改造、Ringをフルアップグレード(3穴)で達成できる。

参照:AR 150シミュレーション
Agony Resistance - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

その他にARは、Agony Impedance/各種FotMタイトルでも伸ばすこともできる。ただしこれらは既にARもPotも揃っているような人が取るものなので、Fractal初心者がAR 150を達成するための手段ではない。

参照:Fractal Titles
Account Augmentation - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

Challenge Mote

Challenge Mote(ハードモード)は主に2つの目的でプレイされる。

  • Legendary背中装備Ad Infinitumのクエストの過程で行う。こちらはTier 1~3の中に存在し、さほど難しくない。
  • Tier 4の98 Nightmare/99 Shattered Observatory/100 Sunqua PeakのCM。難しくなったボス戦がメイン。CMスキンやMystic Coinなどの報酬のために行う。

【参照】Challenge Mote解説(英語サイト)
Fractals Overview – GW2 | Discretize [dT]

LFG

主なLFG 3パターン

Daily

Achievement>Daily>Fractalタブで、Daily Tier X Fractalに指定されているFractalsを行うパーティ。通常3つだが、人気のないFractalがデイリーに含まれている場合、それを除いた2つであることも。Tier 4を行えば計12個のチェストが得られ、その中には低確率だがAscended装備が入っていることもあり、こちらが最もオーソドックスなコースになる。しばしば後述のRecsとセットで募集される。

Rec(Recommended)

Daily Tier X Fractalの他に「Daily recommended」として指定されているFractal 3つを行う。こちらは主にFractal Research Pageのために行われる。時間のある人、Pageが必要な人が行う。

CM(Challenge mote)

98 Nightmare/99 Shattered Observatory/100 Sunqua Peak。これらのFractalがDaily Tier X Fractalに含まれる場合、ノーマル同様Dailyチェストも入る。

これらのCMでしか得られない報酬としてUnstable Fractal Essenceがある。また固有の報酬ではないが貰えるFractal Relicが多く、Fractal Research Pageが1枚ずつ貰える他、ボスを倒すごとに得られるランダム報酬テーブルにMystic Coinが含まれる。

LFGの募集条件はノーマルTier 4/Recまでとは異なり、通常CMクリアによって得られる最上位タイトル、Pugメタロールが求められる。またJoin後も明らかに個人パフォーマンスに問題がある場合、キックされる場合が多い。

ロールの概念

LFG上ではロールが指定されている場合がある。いずれも[dT]やMetaBattleのウェブサイトにビルドが掲載されている。

  • 指定の表記なし=ロール(Profession/Build)不問
  • HB=Heal+Quickness Firebrand
  • Alac=Alacrity Renegade
  • DPS=ダメージディーラー
  • BS=Banner Warrior

BSは現在、DPSと厳密に区別されることは減っている。理由は主に2つ。

  • 新しくCM周回コースに加わったSunqua Peak CMでは、Conditionが主流。移動も多いためBannerの射程から外れやすいため、Banner Warrior自体が歓迎されない。
  • Conditionビルドが以前より広く使われるようになったが、Conditionビルドは相対的にBannerを必要としないので、

これらの理由からBSは居ても居なくても良い(100では寧ろ不要)という風潮になりつつある。強いてBannerが指定されるところを挙げれば、Powerビルドが主流の98/99 CM。

合わない募集に入る=読まなかったことになるので、キックのリスクは考慮する。簡単なコース(Tier4まで)なら間違って入ってもスルーしてもらえる場合が少なくないが、条件に細かい神経質な人がいるのも事実。難易度の高いChallenge Moteでは、条件に合わない募集に入った場合キックは避けられない。何をするにも条件に合った募集に入るのが1番。

Tips

お役立ちサイト・スキップ動画

GW2 | Discretize [dT] – Fractal, Profession and Mechanics Guides

ハードコアFotMギルドなので、Pug/平均的なグループは全て真似できない。役に立つCM/職業ガイドが豊富。

HB(Guardian)で可能なスキップ。HBは固定枠のため常に1人はパーティに居ること、リープやテレポートが何種類かあることから、スキップの多くを担う。

適当な日本語コメント付き動画

ノーマルT4

CM

Sunqua Peak CM楽なEpi戦法の手引き

weebuprincesei.hatenablog.com

©That Memer All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.