That Memer

カジュアルミーマー&ゲーマー

FF14: 17話 暁月のフィナーレ その3

開始から20週間が経ちました。そろそろ6か月目に突入。早い。

本記事は暁月のフィナーレのネタバレを含みます。

メインストーリー

今回はシャーレアン到着後の、サベネア島への分岐ルートです。

ぐらりサベネア旅情

シャーレアンと協力関係にある、サベネア島の都市国家「ラザハン」。終末の塔はラザハンにも現れ、一行は現地調査に向かうことに。

しかしラザハンは遥か遠く、ダルマスカの西の沖合に浮かぶ孤島です。過去に訪れたことのあるエスティニアン以外はテレポができません。そこで試験中のテレポ装置を使い、ラザハンに飛ぶことに・・・

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151238j:plain

サベネア島はイルサバード大陸の南、オサード小大陸の西側に位置します。実はここの近くは通ったことがあり、サベネア島南西のセイレーンの絵がある所は、レベル61ダンジョン「セイレーン海」ですね。西のエオルゼアから海を渡り、東方のクガネに向かった時に通った場所です。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151242j:plain

その地質が独特な色彩を生むサベネア島。インドがモチーフでしょうか。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151245j:plain

激しいエーテル酔いに見舞われる一行。かつてラザハンを訪れた際に従来のテレポを開放していたエスティニアンだけは、怪しい装置を使わずに来たので無事。ウリエンジェさんの体育座り。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151248j:plain

エスティニアンがエーテル酔いから回復する飲み物を買ってくることに。しかし・・・

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151251j:plain

エスティニアンは金銭感覚がヤバいので、1人で買い物をさせてはいけない(タタル談)

f:id:WeebuPrinceSei:20211226203630p:plain

ラッシーを飲んで回復を待つ3人でしたが、その間エスティニアンは勝手に髪紐を購入。お値段は・・・

f:id:WeebuPrinceSei:20211223150919j:plain

9,400ギルだった。特価だと言われた。ーエスティニアン, 2021

ザハンに差す影

サベネア島にはゾウの部族が2つあり、うち1つがこの人型の像(声がアニメっぽいのが若干気になる)。サベネア島では終末の塔出現以来、この種族が狙って誘拐される事件が増えているそう。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223150935j:plain

インドでは象が特別な動物であり、ガネーシャという象の頭をした神様がいますね。ガネーシャは富(商業)や知(学問)の神とされていますが、サベネア島が商業と錬金術の研究に秀でているのも、これに因んだ設定なのでしょうか。

サベネア島で信仰されている神の1種「メーガス三姉妹」。象の蛮族、その信仰対象であるメーガス三姉妹、象の誘拐事件・・・そして終末の塔は内部に蛮族を捉え、無理矢理蛮神を召喚させる装置。んー決まりですね。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223150941j:plain

錬金術師ニッダーナは、主人公の持ついわゆる「光の加護」に近い効果を持つ「護魂の霊鱗」の開発に心血を注いでいます。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223150948j:plain

そもそも「光の加護」とは何か?という話ですが、どうも光の加護を持つヒトは、生体を成すエーテルが変質がしにくい性質を持っており、そのために蛮神によるテンパード化(精神や肉体の変質)に対し突出して強い耐性を持つようです。ニッダーナをはじめとするラザハン錬金術師はそこに着想を得て、エーテル変質を防ぐ効果を持つ科学的なお守り、すなわち「護魂の霊鱗」を開発しようとしています。

終末に飲まれる人々、抗う人達。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151019j:plain

そんな折に、アサヒの死体に憑依したアシエン・ファダニエルが姿を見せます。こちらの動向は把握されているようです。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223150954j:plain

ニッダーナは完成した護魂の霊鱗をテストするため、自ら護符を持って終末の塔へ向かいます。護符を持った状態で塔の入り口まで到達し、そこでテンパード化しなければ(あたまがおかしくならなければ)成功です。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151008j:plain

石切り場。サベネア島の独特な地層。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151011j:plain

(たぶん)釣りスポットを発見。何がいるのかな?すごく変わった色の魚、とか予想してみる。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151015j:plain

護魂の霊鱗は成功し、正気を保ったまま塔に到着するニッダーナ。なお声には相変わらず慣れない模様。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151038j:plain

しかしその瞬間、内部から伸びてきた鎖に囚われ、強制召喚のための贄にされてしまいます。困ったゾウ・・・

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151041j:plain

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151044j:plain

そこに現れ、勝手に自己紹介を始めるアシエン・ファダニエル。前世はアラグ帝国の「アモン」だと言います。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151057j:plain

天才魔科学者であるアモンが作り出した物は、アモンの理想とはかけ離れた方向で消費されてしまう。人の愚かさを嘆き、虚無を感じるアモン。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151110j:plain

アモンは堕落したアラグ帝国に活力を与えるため、アモンは始皇帝ザンデを蘇らせます。しかしザンデは、どれほどの覇を唱えそれを実現しようとも、最後に訪れるのは「死」であり、それは如何なるものも無に還すというニヒリズム的思想に傾倒していきます。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151119j:plain

アラグは滅びる。そう考えたエメトセルクは、アモンをアシエンの道へと誘います。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151123j:plain

護魂の霊鱗

ニッダーナを救出する方法を探さねばなりませんが、そんな折、終末の塔対策に尽力した冒険者に感謝したいと、ラザハンの太守に招かれます。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151129j:plain

エメトセルクのナレーションと共に、ややセピア掛かるラザハンの街。エメトセルクがアシエンとして分割された現世に復活した後、ラザハンを訪れたことがあると示唆しているかのようです。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151133j:plain

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151136j:plain

太守が住まうとされる館。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151140j:plain

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151144j:plain

太守アヒワーンが迎え出ますが、エスティニアンは奥に本物がいることを見抜きます。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151147j:plain

太守の正体は七大天竜ヴリトラ

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151154j:plain

ザハンの街は、大岩の周囲に張り付くように奇妙な成長をしています。実はその大岩には元々ヴリトラが1人で住んでおり、後に他の種族が流入した際もヴリトラの存在を中心に協調路線を取って、街や国が発展していった歴史があるようです。しかし太守が人ならざるもの(ドラゴン)である事実は隠されてきたと。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151204j:plain

このアウラの少年はヴリトラの人形でした。使い魔みたいな。アウラを模した人形に、ヴリトラの片目の魔力を宿して動かしているようです。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151221j:plain

ヴリトラ直々に、ゾッドの塔の調査および可能であれば攻略をしてもらえないだろうかと頼まれます。

f:id:WeebuPrinceSei:20211223151232j:plain

ここでラヴィリンソス、サベネア島の分岐編は終了です。

(つづく)

その他コンテンツ全般

友か、相棒か

友=リーパー相棒=竜騎士

リーパーに対する事前イメージ

  • 闇の魔法とサイスを使うコテコテの中二病ジョブ
  • ダサい要素が無さすぎて逆に魅力を感じない

リーパー習得後のイメージ

  • 魔法が使えない貧しいガレアン農家が頑張って考えた暗殺ジョブ
  • 鎌は農具の名残りである
  • 闇の魔法は、ガレアン人が魔法使えないため妖異と契約しただけ
  • シャキシャキ刈ってる感じの効果音がイイ(園芸師の採集でクリティカルが出た時の音のような気持ちよさ)
  • 友・ゼノピとオソロのジョブ
  • リーパー最高

DPSはタンクやヒーラーのような役割が免除されている代わりに、DPSローテーション自体の難易度が高めに設定されているという印象だったのですが、リーパーはそのDPS作業が一部タンク以下に簡素な気がします。そしてDPSもトップクラスかつ、全体バフ、個人バリア、リープと便利なオプションが豊富。まだカンストしていませんが、現時点では「美味しいところを詰め込みました※操作も楽です」という感がします。今リーパーとリューサンのレベルが並んでいるのですが、リューサンやるの虚しくないですかこれ。ついで言うとガンブレも虚しい。

ちょっと相棒止めて友やろうかな。

カンストジョブ(3週目)

  • ナ・ガ・学召
  • 木工・鍛冶・甲冑・錬金・調理
  • 採掘・園芸

新たに木工・錬金・調理がカンスト。戦闘ジョブは、今年の7月に始めたばかりでレベル80ストックが少なかったので、次の90は暫くなさそうです。次は暫く間を置いて戦・暗・リ・詩・賢のどれかになりそうです。

暗黒はF.A.T.Eで上げようかな・・・ほらF.A.T.E.ランク上げたいし(惚け)

ジョブ毎のミラプリで意識している点

環境のせいか最近はミラプリ意識も付いてきました。僕がジョブ毎に意識しているミラプリのスタイルを挙げて行こうと思います。

  • ナイト:いかにもナイトという感じの服装
  • 戦士:清潔感のある服装
  • 暗黒:メンズナックル
  • ガンブレ:何かちょっとすかした感じのイラっとする服装
  • リューサン:いかにもリューサンという感じの服装
  • リーパー:闇の田吾作(低レベルギャザラー装備を中心にコーディネート)
  • 詩人:何かちょっとすかした感じのイラっとする服装
  • 学者:普通、強いて言えば頭が良さそうに見える服装
  • 賢者:普通、強いて言えば頭が良さそうに見える服装

なぜか戦士は体臭がきつそう、モンクは常に汗かいてそうなイメージがあるんですよね(皆でテーブルを囲んで話している時も、モンクだけタンクトップで汗かいてるイメージ。汗の出所は不明)。しかし実際は甲冑を着込んでいるナイトが1番汗臭い説。いやマジ籠ってるし暑いし、ナイトが1番臭いと思うんです。しかしおそらく姫ちゃんの中では無臭の爽やかジョブ。

万魔殿パンデモニウム感想

  • ノーマルだがSTも何かする要素があったのは面白かった(特に初日のカオスはナイトで行くと面白かった、これは極を通してジョブ理解が深まったせいもあるので、極をやって良かったと思う)
  • 極に行った時に用意した、MTにインタベ、オーロラ、コランダムを投げるマクロは今回も役に立った。やはり極に行ってみて良かったと思う。ガンブレは操作が忙しいので投げにくい。ナイトは慣れるまでややこしいが、一旦慣れると波が緩やかな分、他のことを同時にやりやすい
  • 万魔殿に限らず、最近腐女子さん受けを意識したようなキャラクターが多く、若干くどい感がしなくもない(グ・ラハ・ティア復活ぐらいから違和感を感じる。水晶公のまま終わって良かった説)
  • 戦士が増えた。メインクエスト中は(おそらく今回主人公ジョブで、ストーリー用に選んだ人が多かったと思われる)ナイトだらけだったが、ほとぼりが冷めた後は他も増えてきた
  • 初週にミニオンと腕装備が取れたので、とりあえず満足

聞いて…感じて…考えて…(拾い物Eミーム

シャーレアンのブドウのクオリティが話題になっていましたが、言われてみれば逆さにするとマザークリスタルの形である。

赤葡萄士。

こんにちは。赤葡萄マンです。今日も張り切ってボス戦で死んだヒーラーさんを起こして行こうと思います。でも皆MIPをくれないので絶望していたらレイピアの魔具が終末の葡萄に変化してしまいました。

©That Memer All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.