That Memer

カジュアルミーマー&ゲーマー

FF14: 24話 暁月のフィナーレ その8

開始から30週間経ちました。開始当初はシナリオを一通り振り返ったら、このシリーズを終了して戻る予定だったのですが、なかなか終わりません。まあ来月中旬頃には暁月MSQの振り返りは終わるでしょう!

しかしすぐ6.1ストーリーがあるので、やはり終わらない説(三思)

「白虎大盾」。紅蓮の極・白虎の素材から作れます。ちょっとGWの「ダイヤモンドイージス」っぽい。数は少ないですがこのタイプの盾好きです。

f:id:WeebuPrinceSei:20220320165954j:plain

本記事は暁月のフィナーレのネタバレを含みます。

メインストーリー

アーテリスの明日

地上に戻った冒険者は、ルキアから各地の終末の塔が消えたという報告を受けます。

f:id:WeebuPrinceSei:20220318220255j:plain

イルサバード派遣団の目的であった「帝国民の保護」「終末の塔の元凶」を成し遂げ、一段落が着いたかと思われました。

しかしその時、空に異変が。

f:id:WeebuPrinceSei:20220317003615j:plain

ゾディアークが消滅したことで、終末の再来が現実のものとなったのです。

暁の血盟はバルデシオン分館に戻り、話し合います。ヤシュトラは、古代人が人口の半数を贄としてゾディアークを創ったことに言及し、この現代に同様のことを成し遂げるのはまず不可能だと言います。一方で、古代人達ですら突き止められなかった根本的な原因があるのではないかとも推測します。

シャーレアンでは哲学者会議が市民を集め、真実を話します。シャーレアンが270年前にハイデリンと邂逅し終末の再来の可能性を知ったこと、シャーレアンが未来の危機に備えて月へ脱出する方法を模索してきたこと、そして今まさに終末が再来し計画の実行が現実のものとなったこと…

f:id:WeebuPrinceSei:20220318235959j:plain

これを以てシャーレアンはアーテリスからの大撤収に着手します。計画実行を率いるのはフルシュノ。フルシュノがシャーレアンの計画に固執し、アルフィノとアリゼーに冷徹だったのは、本人達にどう思われようがこの計画を成し遂げ、自分の子供達を月に避難させたかったからのようです。

その頃、各地では終末の塔消滅に安心する人々の傍ら、一部黒い煙のようなものに包まれた虚ろな人々が目撃されるようになります。

f:id:WeebuPrinceSei:20220319235124j:plain

燃える空

サベネア島に終末の災厄が訪れたー

f:id:WeebuPrinceSei:20220319235327j:plain

サベネア島に終末の獣が出現し、多数の使者が出ているとの報告が入ります。そして「空が燃えている」と。

アヒワーンによれば、昨晩悲鳴とも地鳴りともつかない音が響き渡り、間もなく空が燃え出したと言います。サベネア島の人々は、神話に登場する神獣のまがいものであるとして、それらを「偽神獣」と名付けたと言います。

一行は偽神獣討伐のため、サベネア島北部の密林地帯に向かいます。ここでレベル85ダンジョン「ヴァナスパティ」の攻略が入ります。

f:id:WeebuPrinceSei:20220319235805j:plain

ヴァナスパティにて偽神獣を討伐後、偽神獣の詳細について調べる一行。どうやらヴァナスパティに終末が訪れた日、島民の1人が偽神獣に変化して、それに前後するように終末の獣が現れたようです。先の黒い煙のようなものを噴出していた人は、獣化の際に起きる現象のようです。

更に住民に聞き込みを続けると、最初の1体の獣、即ち偽神獣と化したのは、サベネア長で商会運営するカルザールだったと言います。カルザールは仕事一筋で家族はおらず、混乱した世界情勢の中、商会の経営が立ち行かなくなる懸念から絶望していた様子だったと言います。アルフィノとヤシュトラはそうした負の感情が獣への転化、ひいては終末の災厄の元凶なのではないかと推測します。

そうこうしているうちに獣化の波はラザハンの街中にも押し寄せ、太守のアヒワーンも巻き込まれて死亡します。エスティニアンは本当の太守である天竜ヴリトラに、今こそ人々の前に太守として姿を現すべきだと言います。ヴリトラは竜の姿をした本当の太守が現れれば人々にとっては恐怖でしかなく、終末の獣のような異形の存在と変わりないのではないかと迷います。

f:id:WeebuPrinceSei:20220320111616j:plain

しかしエスティニアンは、アヒワーンが民の前に姿を現すようヴリトラに願ったのは、人とヴリトラが上手くやって行けると思ったからではないかと説得します。

生きていてほしいだけ

一方冒険者たちは、終末の獣の襲撃に遭っているパーラカの里の救援に向かいます。里の周辺では避難民が散り散りになっており、捜索が始まります。新生児のいる夫婦が行方不明になっており、街の外を探すと夫のケラシャフが致命傷を負って倒れていました。ケラシャフは妻のメヴァンがまだ赤ん坊を抱えたまま逃げていると言い、後を託したケラシャフは息絶えます。

アルフィノ、アリゼー、冒険者の一行はメヴァンを発見しますが、彼女を救うことはできませんでした。

f:id:WeebuPrinceSei:20220320171529j:plain

冒険者は池に投げ落とされたメヴァンと赤ん坊を確認しますが、メヴァンは首の骨を折って即死、赤ん坊は生きてはいるものの生命力が低下していました(漆黒のテスリーンほどではないですがなかなかのトラウマシーン)。アルフィノはこれ以上は治癒魔法よりも、里に戻って状態を整えた方が良いと言います。しかし騒ぎを感じ取ったのか、周辺に潜んでいた獣が更に池に集まってきます。

獣を引き連れたまま里に戻ることはできないと考えたアリゼーは、一行がこの場に残って獣を排除し、マトシャに赤ん坊を連れて里に戻るように言います。マトシャは赤ん坊を連れて走りますが、恐怖を感じ取ったのか赤ん坊が獣と化し始めます。そしてそれに呼応するようにマトシャからも黒い靄が上がりはじめます。

f:id:WeebuPrinceSei:20220320171929j:plain

遂に獣に見つかり、マトシャの前に立ちふさがりますが…

f:id:WeebuPrinceSei:20220320172400j:plain

その時ヴリトラが現れ、窮地を救います。ヴリトラが本当の太守であることを知らないマトシャは異形のそれを見て「かみさま……?」と問いかけますが、ヴリトラは「……いいや。だが、君たちを護るものだ。」と答えたのでした。

f:id:WeebuPrinceSei:20220320172717j:plain

f:id:WeebuPrinceSei:20220320172532j:plain

(つづく)

その他コンテンツ全般

手作りラノシア地図(Reddit

ブロンズレイクの北東に「シルバーレイク」なるものがあったとは。どこで知るんだろう?クエストのテキストとかかな。

www.reddit.com

漆黒後期に始めたので、まだサブクエストには時間が割けず殆どやっていませんが、たまにやると世界観設定についての深掘りも見れます。例えばオールドシャーレアンだと港の巨大サリャク像の中に入れる(それも特殊な用途でしか使われない)とか。

「台湾人です」

サーチコメントに結構自然な日本語で自己紹介を書いている外国人の台湾人率は高いです。台湾コミュニティの中で流行っているんでしょうか。私達は「台湾人」であり日本サーバーに馴染みたい人々です、という意思表示をする意識が。そういうものは誰かが始めると流行るので。

個人的に知っている台湾人の中で特に印象的だったのは「野獣先輩」というワードが好きな台湾人。よく野獣先輩云々言っていたのですが、僕が名前は知ってるけど内容は知らないと言うと、Discordで野獣先輩の動画を送ってきました。サムネ見たらヤバそうで結局見ませんでしたが。野獣先輩は遠慮しましたが、友好的な隣人は大切にしていきたいですね。

「イケメンですね」「それほどでもない」

この間ダンジョンで見知らぬヒーラーさんから、イケメンタンクですねと言われ/称賛エモートされました。例え真実だとしても改まって言わなくて良いんですよ…困っちゃうな…あ、やっぱり真実はどんどん言っていいよ!


それはそれとして。

上手いヒーラーを「イケメンヒーラー」と言う人はいるでしょうか?見たことないです。この表現はほぼタンクに使われます。白魔道士のジョブクエストは闇(病)属性ガール揃いで、エッダも白魔道士。スキンヘッドのゴリマッチョが白魔道士をプレイしてもいいはずなのに。

やはりジョブには多少なりジェンダー観が存在していると思います(ヒーラーAFなんて言わずもがな…)。

f:id:WeebuPrinceSei:20220227230903j:plain

前やっていたゲームでは僕は結構ヒーラーっぽいのをプレイしてたんですが、ガチガチのタンク+ヒーラーみたいなスペックも可能で、遊んでいたのは主にそういうスペックでした。14で言うと、今僕がメインで遊んでるナイトが割とそれに近いかも。14のヒーラーが合わなかったのは多分、ヒーラーが文字通り凄くヒーラーしてて自身が非力すぎるからだと思います。

か弱い(脆くて攻撃力も低い)けど回復はできる。タンクの一歩後ろを付いていき(なんか昭和の妻みたいだ)みんなの支援をする。しかし一見ヒロインらしい「ケア」の仕事である反面、冷静に優先順位を付けられる柔軟性・合理性も求められます。ケアと合理という、あまり親和性のない二面性を持つロール。ヒーラーメインだけど得意ではないとか、逆に好きじゃないけどやると上手いっていうのは、この適性のミスマッチが原因かなと思ったり。

やっぱ介護はするよりされる方が良いな!

©That Memer All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.